便秘茶

機能性便秘と器質性便秘の違いと解決法

女性なら誰でも一度や二度はなったことがあるであろう便秘。

便秘とは「すっきりと排便出来ていない状態」を指すそうです。なので、たとえ毎日排便があったとしても、便が硬くて苦しかったり、まだ出きっていない様な不快感がある場合は「便秘」という事になります。

一言で便秘といっても、いくつか種類があるのを知っていますか?

大きく分けて、機能性便秘と、器質性便秘があります。

 

ざっくり言うと機能性便秘は生活習慣にかかわる便秘のことで、器質性便秘は病気によって便秘が引き起こされている状態です。
病気の場合は医療的ケアが必要なので、今回は機能性便秘の改善方法を書いてみたいと思います。

機能性便秘の改善方法

一般的にお通じをよくするためには食物繊維をたくさん取って、適度な運動を心がけ、水分をたくさんに摂りましょうと言われることが多いのですが、ダイエットをすると便秘になってしまう方も多いのではないでしょうか?
その理由のひとつは食べる量が減っているからです。便はある程度の食べる量があって初めて、それに反応して蠕動運動をしてくれます。なので、ろくに食べていないと、いくらその中身が野菜などの食物繊維だったとしても、腸が動いてくれない=便秘となるのです。

また、野菜はたくさんとっているのに便秘だという方が要注意なのは、けいれん性便秘と言ってコロコロしたウサギのふんの様な便しか出ない場合です。

この場合は野菜からの食物繊維のとりすぎは逆効果になってしまうのです! 野菜に含まれる食物繊維は不溶性食物繊維と言って、水に溶けないのが特徴なので、便が硬くなり詰まってしまう事が原因です。

このタイプの便秘の場合は、こんにゃくやわかめ昆布といった海藻をとるのが良いとされています。海藻などは水溶性食物繊維と言って、腸の中でジェルのように便をふやかしてくれるので、排便がスムーズになります。

そして、けいれん性便秘の方が気をつけてほしいのは、ズバリ、ストレスです!
ストレスを感じると自律神経の働きが悪くなるので、第二の脳と言われる腸の働きも当然影響を受けます。
仕事がうまくいかないときや、人間関係で悩んでいるときに便秘になり、便秘になるとお腹も張るし、肌も荒れて…と悪循環に陥りやすくなります。

女性は毎日忙しく、自分が思っている以上にストレスがたまっているのかもしれません。
出来るだけリラックスする時間を意識的に作り、お風呂で体を温めたり、マッサージに行ったり…あまりストイックになりすぎず自分を甘やかしてみる事が、思いがけず便秘の改善につながるかもしれません。

青汁が便秘にもたらす効果!~青汁って本当に便通に良いの?~

青汁の便秘

便秘の原因は様々ですが、運動不足、バランスの悪い食生活、睡眠不足からくるストレス等の生活習慣病が原因とされています。

  • 仕事が忙しくて帰りが遅くなる為、意識的に運動をする時間や余裕がない
  • とにかく肉類が大好き、野菜はほとんど食べない
  • 朝や昼は全く食事を取らないけど、夜はお腹一杯になるまで食べ続ける
  • 最近ストレスが溜まっているせいか睡眠時間が少なくなった

これらの生活習慣があなたの便秘の悩みの要因となります。

肉類などの動物性たんぱく質や脂質の高い食事は悪玉コレステロール値を上げてしまい、腸内環境を悪化させてしまいます。

また運動不足の場合、排便時に必要な腹筋の力も低下している為、便を外に押し出しにくくなってしまいます。

睡眠不足は、自律神経が不安定になり副交感神経が優位になりにくくなってしまうことで、排便の時間が短くなってしまいます。

生活習慣病は便秘に大きく関係している様です。

便秘は体にどんな影響を及ぼす?

・便秘は肌荒れの原因に

″肌は腸を映す鏡″とはよくいったもので、腸内環境の乱れは肌の状態を悪くしてしまいます。便秘は体内に老廃物や毒素を溜め込んだままの状態になりますので、ニキビや肌荒れ等の原因になります。

・免疫力の低下に

悪玉コレステロールは善玉コレステロールと一緒に常に体内で作り続けられています。悪玉コレステロールもまた善玉コレステロールと同じで体に必要な脂肪分なのですが、この悪玉コレステロールが増えてしすぎてしまうと血流が悪くなり、体に入ってきた菌を除去してくれる白血球の働きが悪くなってしまいます。それが免疫力を低下させてしまいます。

・その他にも

体臭や口臭の悪化、消化機能の低下や体の倦怠感等が症状として現れるようになります。これらの症状を防ぐためには、体に良いものを摂る必要があります。

青汁に含まれる成分が便秘を改善!

青汁には主成分であるケール、大麦若葉、明日葉が含まれており、その3つの成分には食物繊維が大量に含まれています。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の二種類があります。

青汁に含まれる食物繊維は水溶性のもので、水に溶けやすい為消化にもよく食物繊維が腸内環境を整えてくれます。

青汁によく含まれているグアは善玉菌を増やしてくれる効果もある為、腸内環境を正常化してくれる働きをしてくれます。

グア豆の力により、腸内の善玉菌を増やしてじわじわと効いてくるので身体に負担をかけずに便秘解消ができます。

引用 http://xn--vek093g012ac3h.com/

・1日の摂取量は?

粉末タイプの青汁の場合は、1日2包を目安に飲むと良いです。何事もですが、健康だからといって摂取しすぎてしまうと体に良くありません。

前述でもお話しましたが、食物繊維が豊富に含まれているので大量に摂取すると便が緩くなってしまうこともある様です。

また、腎臓が悪い方にはオススメできません。腎臓の病気を悪化させてしまう可能性があるので注意してください。

・まとめ

青汁には便秘以外にも体によい成分が沢山含まれています。病気予防やダイエット、美容にも効果があるので是非生活に取り入れてみてください。

便秘解消に大切な水溶性食物繊維と不溶性食物繊維

いつか出るさ、と便秘を放置して、どうにもならなくなったら便秘薬を飲んで出す…なんてことが癖になっている人も少なくないかもしれません。

理想的なのは食べ物から自然に便秘を解消すること。では、何を食べたらいいのでしょう?

食物繊維を摂れとよく聞くけれど

oosenia

○○には食物繊維が豊富♪と聞いたからといって、やみくもにそればかり食べていても効果はありません。摂取の仕方にコツが必要なのです。

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があり、便の量を増やして柔らかくしてくれる働きがあります。

前者は果物、こんにゃく、海藻類に、後者は穀類、豆類、イモ類、キノコ類に多く含まれます。この2種類の食物繊維をどちらも摂ることではじめて便秘解消に効果をもたらします。味噌汁でこれを美味しく実現することが可能です。ワカメ(水溶性)とキノコ(不溶性)を組み合わせて…。発酵食品も便秘に効くと言われているので味噌も加わり、まさに最強の一品です。

水溶性食物繊維は生のままで食べられるもの、不溶性食物繊維は加熱などの調理が必要なものと覚えておくといいでしょう。

daizes

白米よりも玄米
玄米には白米のおよそ7倍の食物繊維が含まれています。それに加えて排泄作用のあるフィチン酸という成分も含まれるため、便秘解消を後押ししてくれるはずです。
納豆
便秘に効果がある発酵食品の中でも特に優秀なのが納豆です。食物繊維も豊富で、納豆菌の中には生きたまま腸に届いてビフィズス菌を増やしてくれるものもあります。

辛いものを上手に利用

辛いものを食べるとお腹をこわす、とはよく耳にする話です。ヒドイ便秘に悩まされていると、それぐらいのほうがありがたい…と思ってしまうこともありますよね。辛いものと一口に言ってもさまざまあります。便秘解消を目的とするなら、発酵食品であるキムチが断然オススメです。また、カレーに使うスパイス、ナツメグやターメリック、コリアンダー、ブラックペッパーなどは便秘に効くと言われています。
少々、荒療治的な方法かもしれませんが、辛いものは腸に刺激を与えることはたしかです。

水分をしっかり摂りながら

便を排出するためには水分が不可欠です。便に水分が含まれ膨張すれば腸壁が刺激され、便意となるわけです。ジュースやコーヒーなどの利尿作用のあるものではなく、できるだけ長く体内にとどめて腸まで届けられる水がベストです。

便秘体質は食生活が原因だった?日本食で便秘改善

japan

朝起きた時すっきりとお通じがあれば、一日が快適に過ごせますよね。戦前の日本人は必ず、朝に排泄を済ませてから食事を摂っていました。それだけ排泄習慣がしっかりと身についていたということですね。
しかし現代人は便秘に悩む人が増えてきています。一体その理由は何なのでしょうか?

便秘体質は食生活が原因だった?

実は戦後の日本は、それまでとは食生活がガラリと変わってしまいます。ではどのように変化していったのでしょうか。

ご飯から小麦へ。戦後の食の欧米化がもたらしたものとは?

戦後の日本は敗戦国です。戦勝国は、自国の余剰農産物を日本で消費しようと考えました。そのためにまず、米から小麦へと方向転換させる大事業が実行されます。パンが主食だと、自ずとおかずは肉製品という欧米型の食生活になる傾向があります。

日本では、江戸時代には徳川家康が麦ごはんを食べて健康的だったことや、明治時代には、ビタミンの父と言われる海軍軍医の高木兼寛が麦ごはんを導入し、脚気という当時大変恐れられていたビタミンB1が欠乏する病気の対策に成功しました。

引用 https://allabout.co.jp/gm/gc/412710/

その結果、米や野菜を中心とした日本独自の食生活が大きく変化していったのです。では戦後の食の欧米化は、どのように便秘に影響しているのでしょうか。

小麦
便秘解消のために必要な成分はご存知の通り食物繊維です。しかし小麦の83%を占めている胚乳部分には、食物繊維はありません。また小麦は日本人の腸には合わないとも言われています。消化しにくく、長い時間腸に留まってしまうからです。
肉には身体に必要なたんぱく質が含まれますが、実はたんぱく質は体内で悪玉菌を増やしてしまいます。この悪玉菌が腸内環境を悪化させ、その結果便秘しやすい身体をつくってしまうのです。

日本食が便秘解消となる理由は?

日本の伝統的な和食にはどんなものがあるでしょうか。

「お米」には食物繊維がたくさん含まれています。また玄米や雑穀米だと食物繊維の量が増えてさらに効果がアップします。
野菜・海藻・きのこ類
「野菜」には水に溶けにくい不溶性食物繊維が豊富に含まれています。また、「海藻」や「きのこ類」には水に溶けやすい水溶性食物繊維が含まれます。
植物性タンパク質
植物性タンパク質を豊富に含む食品に大豆がありますが、動物性たんぱく質に比べると消化吸収率が20%程低くなっています。これは、植物には人間が消化できない食物繊維が豊富に含まれていることを表しており、その結果、便秘解消につながるのです。

便秘解消には、日本の伝統的な和食!

最近は小麦製品がちまたに溢れかえっていますが、日本食にはこんなに凄い力があったのですね。日本人だからこそ、いま一度日本の伝統的な和食を見直し、便秘解消につとめましょう!

白湯からはじめる便秘解消の効果

今ひそかにブームを続けているのが「白湯」です。白湯は一度沸かしたお湯を少し覚ましたものです。いつでも簡単に利用出来る上に、誰でも用意する事が出来るので、その手軽さから根強い人気をはくしています。

白湯は生まれて少したった赤ちゃんにも利用する事が出来、その安全性でも◎です。やはり身体に入れるだからこそ、安心して利用出来る物に限りますよね。

人によってはただのお湯なのに、何がいいの?と疑問に思われる方も多いかもしれませんが、白湯にはとても多くの効果が詰まっている、まさに自然の産物といえるのです。

白湯の便秘解消の効果って?

oshhs

白湯をゆっくり飲んでみるとお分かりいただけますが、身体がじんわり温まるのを感じる事が出来ます。少しずつ汗ばむように身体が温められ、しだいに元気が湧いてきます。朝、まだ内臓も働いていないような起きたての時に、この白湯をゆっくり飲むと、身体が動きやすくなるのを感じる事が出来るでしょう。

このように身体を温める効果がある為、冷えに悩む方には特におすすめです。毎日定期的に白湯を飲む事で、だんだんと症状が改善されていくといえるでしょう。

これと同時に得られるメリットにむくみやデトックスの効果が挙げられます。水分を多くとる事で身体が浄化される事と、白湯が内臓からしっかりと温める作用がある為、胃腸の働きを活発化させ、血行を促します。身体は不要なものを排出しやすくなるため、むくみやデットクス効果を高めてくれるのです。

これにより身体は新陳代謝が活発になり、代謝が良くなります。つまりダイエット効果も高める事が出来るのです。

白湯ダイエットと呼ばれるのは、このような効果を期待して痩せやすい体質を得る為の物です。身体に優しい白湯で基本的な身体の機能を高める事が出来るのは、非常に優れた方法といえるでしょう。

健康の為にも白湯がおすすめ

昔は白湯が薬よりも効くといわれる程に、古くからその高い効果が認められてきました。その考えは今も変わらず現代人に受け継がれています。

人間の体温が1度下がると、免疫の効果は30%も落ちてしまうと言われています。つまり逆を言えば体温を1度上げるだけで、30%も免疫力を高める事が出来るというわけです。

免疫力とは人間本来が持つ、病気に対する抵抗力です。この効果が高い人は、病気になりにくいといえます。現在のように2人に1人が癌になるといわれる時代だからこそ、この自然由来の白湯のパワーを、今一度見直して行きたいものです。