機能性便秘の種類と原因|正しい便秘改善のために理解しよう

改善を目指す前に自らの便秘の種類を把握しよう

お腹の張りや痛みを伴う便秘。痔を誘発したり、頭痛を引き起こしたりする場合もあり、やはり素早く改善したいものです。でも便秘という名前だけで、実際は1つの種類というわけではありません。

慢性的な便秘は3つの種類に分けられ、その原因も改善方法ももちろん違います。便秘を改善するためにも、まずは自分が何の種類の便秘であるかを知るべきです。これから各種類の便秘の原因と、それを見分けるポイントをお教えします。

便を押し出す力が弱い弛緩性便秘

腸を含む消化管は、ミミズが這うような収縮を行っています。それを蠕動(ぜんどう)運動と呼び、その蠕動運動が腸内の便を押し出すように肛門へと運んでいくのですが、便秘の種類の1つである弛緩性便秘は、この蠕動運動の動きが弱まってしまい、便を押し出す力がない状態なのです。

この弛緩性便秘の原因として挙げられるのが、運動不足などによる筋力の低下や不規則な生活習慣、食物繊維の不足です。蠕動運動は2種類の筋肉によって行われており、また排便時には他の筋肉も必要となります。この筋力が弱いと当然便秘になり易くなってしまうのです。食物繊維は便のかさを増やす役割があります。それにより、腸を刺激し、蠕動運動を促してくれるのです。

弛緩性便秘時の便は小粒で、コロコロとしているのが特徴となります。

我慢が大きな危険を生む直腸性便秘

通常便は、大腸を通り直腸へ向かい、やがて便意を感じ、そして肛門から排出されます。この流れが直腸で途絶え、そこに便を溜めてしまうのが直腸性便秘と呼ばれるものです。直腸で便に対する感覚が鈍っていることがその要因となります。

直腸性便秘のもっとも大きな原因は、トイレの我慢です。社会人だけじゃなく、ほとんどの人が経験する行動でしょう。ですがこれは直腸に便を留めさせることになり、便意の感覚に慣れさせてしまいます。

そうすると、直腸の便に対する感覚も鈍くなり、排便の信号をうまく送受信できなくなるのです。朝食をよく抜いたり、生活習慣が狂ったりしている時は排便リズムもおかしくなります。それもこの便秘の原因になるので気を付けてください。

直腸性便秘時の便は、直腸で溜まったものなので固く、そして太くなりやすいです。

最後に直腸性便秘の注意を一言。この便秘は慢性的になり易く、がんの危険性を高め、肛門を傷つけることもあります。便意を感じた時は必ず、トイレに向かいましょう。

けいれん性便秘

先の弛緩性便秘にも書いたように、蠕動運動は排便に大きく関わっています。弛緩性便秘はそれが弱いために起きたものでしたが、このけいれん性便秘は強すぎるときに起きる便秘の種類です。

下痢と便秘を繰り返す過敏性腸症候群の便秘時のものでもあります。

けいれん性便秘の原因は、緊張やストレスにより心身への深いダメージです。それにより自律神経が乱れ、蠕動運動のコントロールを失ってしまいます。コントロールの失った蠕動運動は強くなりすぎ、腸のけいれんが起きるのです。そうなると排便の流れはおかしくなってしまい、便秘となります。

けいれん性便秘時の便は出る瞬間は便秘時の固い便ですが、最後の方はゆるく、場合によっては下痢のような便です。

原因に合った正しい改善を

便秘もこのように種類があり、その原因も改善策もバラバラです。便秘の知識を得て、そして自分の便秘の種類を知れば、改善への正しい道も選べます。皆さんの便秘改善にこの知識が役立つことを願います。

SNSでもご購読できます。